独立して自営業を始めたい方は必見です!始め方と業種をまとめました

法務局にて登記しましょう

独立を目指すのであれば将来の展望を明確にしなければなりません。大きく稼いでいきたいのか、小さい利益でも構わないので安定した利益を残していきたいのかはっきりさせておく必要があります。どちらにしても利益を出す事を前提としていますので、法人登録をしておくことを強くお勧めします。個人商店だから必要ないと思われるかもしれませんが、株式会社にしておくことで利益を出した時に恩恵を受けやすくなります。法人税は確かに高く、イタイ出費ですがそれ以上に経費の面で控除されますので検討する価値は十分にあります。

今までの経験を活かしましょう

会社員時代の経験を活かして商売をする方が成功率は高いと言えます。新たな事にチャレンジするのも素晴らしい事ですが、失敗した時のダメージは計り知れないものがあります。大した経験などしたことが無いと思われる方もいらっしゃると思いますが、第三者から見ると魅力的なスキルに映ることもあります。例えば事務職で電話応対を毎日していたのであれば、電話代行という仕事を開業できます。勤めていた会社の事業内容ではなく、自身の職務内容を活かすようにしましょう。

フランチャイズでいきなり出店しましょう

一番手っ取り早いのがフランチャイズ契約をしてしまう事です。案外知られていませんが、350万程度あれば大抵のお店は開業できます。一からノウハウを覚えていく事になりますが、マニュアル通りにしていけば、それほど苦労する事もないでしょう。毎月本部に支払うお金がストレスになるかもしれませんが、一度、経営が軌道に乗ってしまえば気にする事は無くなります。生涯を安定させてくれる可能性を秘めていますので、お金を貯めてから挑むのも良いかもしれません。

フランチャイズは直営店と違い、本社と直接の関係はありません。契約料を払うことで経営ノウハウなどを受け取って営業しています。